商品カテゴリー
  • ソニックスピード*高価買取査定額 一覧は、こちら
    参考:2011年現在 (変動あり)



    SONIC SPEED オリジナル商品
     ¥5000以上 ご購入
    (ロッド除く)   全国送料無料

    (ただし、北海道:1296円 沖縄:1830円 頂きます。離島は、お問い合わせください)
    *御注文後の自動配信メールでは、通常の配送料で送信されます。
    加算後、¥5000以上ご購入になりました場合、配送料無料に訂正し記したメールをお送りいたします。


    ‘‘RAYDEEN’’ (ライディーン)
      SONIC SPEED オリジナルロッド 5タイプ揃いました!!

         (詳しくは、それぞれをクリック)

       type1:ベイト ヘビー 約186g 
       type2:ベイト ミディアム ヘビー 約180g
       type3:スピニング ミディアム 約132g>
       type4:ベイト エクストラヘビー 約230g
         ダブルラッピング Sicリング ガンメタスレッド

       type5:ベイト ミディアム 約170g



        琵琶湖で釣れてる一押しルアー
    メール便【日本郵便】ご利用できます。(ロッド・リール対象外)
        全国一律 ¥240(税込)です
            詳しくは、【送料 早見表】 をご覧ください。
                 ↑ クリック ↑
    実体験話<なるほど!!> part9

    実体験 琵琶湖 南湖 ボートで攻略 !!

    初心者から良く質問をされるんですが
    どこで? 何投げればいいですか?
    釣りをする エリアによって攻略の仕方が
    かわりますが基本はヨシ・エリ(釣り禁止)マンメイドストラクチャーは打たず 
    自分の季節のライン(流す)・ポイントを見つけるとコンスタントにバスが釣れますね!!
    見えてるストラクチャーはプレッシャーも高く
    居れば一発で食ってきますが・・・誰かに叩かれた後に入るんで 
    ボーズになる確立はアップしますね。
    自分だけのポイントを見つけるのは 大変ですが
    見つけた喜びと 自分にしか獲れないバスなんで喜びは2倍ですね!!
    一度でもマンメイドストラクチャーでいい思いされると
    抜け出せないかも知れませんが 自分だけのポイントを見つけると
    パラダイス(4月16日のブログを見てください)な状況に出合えるのが 今の琵琶湖南湖ですね!!

    私も1年〜5年ぐらいはマンメイドと自分のポイントの
    二刀流でやっていましたが マンメイドをやめるきっかけは
    赤野井のヨシを90分間流し 3本(50UPは1本)とって
    今日はいけるな(^-^)/って喜んでいたんですが・・・・
    一艇のアルミボートが赤野井のヨシを打ち始め
    俺がさっき流したし 釣れへんでって思ったんです。
    その時に あれ? 逆もあることやないか・・・・
    釣れたバスは 誰でも釣れる魚ちゃうか?
    自分にしか 獲れへんバスを探す方が
    おもろいなって思ったのが きっかけですね!!

    それから2年間 日記をつけ自分だけのポイントを 見つけ出してからは ボコボコに釣れるようになりましたね!!
    エリアは1.5m〜3mまでにしぼり ウィードの質 底の固さ
    ミオ筋・浚渫がどこにあるか?
    釣れない時も釣れる時も 日記をつけると (気温・水温・風・天気) 琵琶湖南湖の攻略の仕方が見えてきますよ!!


    実体験話<なるほど!!> part8

    ビックベイト 多間接について・・・
    ビックベイトを製作歴15年以上(琵琶湖でビックベイトオンリー)
    ロクマルハンターシリーズに多間接が無いのは
    結論からいいますと 大爆釣しないからですね!!
    ワンジョイントより2ジョイント・3ジョイント・4ジョイントの方が
    見た目はカッコイイですし・・・動きもウネウネアクションでいかにもって
    感じで人間的には好まれるんですが・・・バスの反応はいまいちですね!!
    14年ぐらい前に 多間接の方がカッコイイんで 使用しているビックベイト
                          (潜行深度0m〜1.5m)
    14年たっても 現在も使用しています!!

    全て 2ジョイントにした所 30分〜60分に1本ぐらいは釣れるんですが
    爆発力が・・・・無いんです!!
    頑張っても20分に一本ぐらいなんで・・・・その後・・・・ワンジョイントを製作して
    琵琶湖に浮いたんですが・・・普通に4投連続 50up捕獲とか・・・
    大爆釣劇を何回も 起こしましたね!!

    2ジョイントまででしたら 釣れるんですが・・・私の経験の中で4投連続とかの
    入れ食いは今までに 一回も無いのが 製作しない理由です。
    ただ・・・2ジョイントも製作してるんですが・・・ワンジョイントに近い動きをだして 販売はしています。(ロクマルの実績も有りますよ)

    多間接よりは ジョイントの無いルアーの方が釣れますね!!
    アクションをつけず ただ巻きでの釣果の話です!!
    トップでも 2ジョイントよりワンジョイントかジョイントなしの方が釣れますね。
    私の経験からの話ですので 間違いもあるかもしれませんが・・・・
    ビックベイトオンリー15年以上の経験からなんで ほぼ間違いは無いと思いますよ!!


    実体験話<なるほど!!> part7

    17年ぐらい前の話なんですが・・・・

    ダウンショットが流行った時期の事なんです。
    シンカーを忘れてしまい オモリが無いなぁ???
    タックルBOXをゴソゴソ探し出したのが
    ラバージグ1/2オンス これをシンカーにしたら
    ええな!!(その時は天才やって思ってました(^-^)/)

    釣りを再開しましたが 下のラバージグには1匹だけ
    ほとんどが上のワームに食ってきましたが・・・・
    その後いろいろラバージグをもって 試しましたが
    状況によりますが・・・下がいい時もありましたね!!
    みなさんもマイナスからプラスになる事もあるんで
    諦めずいろいろチャレンジするとええ事ありますよ!!




    今年の実体験話<なるほど>!! part6

    ライブベイト(ブルーギル・ブラックバス)の捕食の仕方!!

    お客さんからの実体験話なんですが・・・
    かなり興味深い話を聞いたんで紹介しますね!!
    琵琶湖のバスをライブベイトで釣られている方から聞いたんですが
    ギル・コバス どちらもデカバスは捕食してるんですが
    食い方に違いがあるんです。

    ・ブルーギルの場合

    ギルを囲んで(バス5匹ぐらい大きさいろいろ)が獲り合いをしながら
    捕食する場合と追い込んで捕食する場合の約2通りの捕食の
    仕方みたいです。(状況次第で変わりますが)
    キビキビ動くほうがデカバスは好のむみたいです。
    ギルが弱ってくると食わなくなるらしいです。
    大きいギルほどデカイバスが釣れるらしいです。

    ・コバス(約15センチ)の場合

    食い気があれば一発で食うらしいです。
    追い込みも囲いも無しに入れ食いらしいです。(状況によりますが)

    ライブベイトの話からルアーの動かし方が見えてきますね!!
    基本はキビキビルアーを動かすほうがデカバスには良いみたいです。

    後は色目なんですが・・・私もブルーギルカラーは良く使用するんですが
    バスカラーがめちゃめちゃ良いみたいですね。
    これからバスカラーとギルカラーの検証もしていきたいと思います。
    みなさん参考にしてください!!




    今年の実体験話<なるほど>!! part5

    毎年思っていたことなんですが・・・
    バスのアタリは
    ひったくるアタリ
    ゴンゴンのアタリ
    動かないアタリ(注意)
    いろんなアタリがあります。

    ハードルアーはひったくるアタリが一番多いと思いますが・・・
    動かないアタリは根がかりかウィードの濃い所にかかったかな?
    って思うんですが・・・・
    今年は特にこの動かないアタリの事を分析しながら
    釣りをしてきて解ったことは・・・・
    動かないアタリは回りにバスがいても活性が低いか
    敵バス(餌を横取り)がいないので走る必要が無いことにき気ずきました。
    のでラッシュはほぼ起こりませんね。(実体験)

    ひったくるアタリは回りに活性のいいバスが沢山いて
    盗り合ってるんで横に走して自分の餌を盗られまいとするんで
    走りまくってる感じですね。
    この時のアタリはラッシュが良くおこります。(実体験)

    以上の事を考えると引ったくるアタリは回りに活性のいいバスが
    いるんでじっくりやるほうが良いですね。
    逆に動かないアタリは活性が低いんでサラッと流す事ですね。

    あくまでも私の個人的な分析(実体験)なんで間違いはあると思いますが
    皆さんの参考にして頂ければ嬉しく思います。




    実体験話  part4 バスって縮むの知ってますか?

    2012年10月15日の釣行の時の出来事なんですが


    口開けで63センチ  口閉じお開きで60センチ

    まぁ・・・計りり方は人それぞれですけど・・・
    メジャーをおいてバスを計っているんですが
    生き物なんで跳ねたりして中々写真が撮れない経験は
    みなさんもあると思いますが・・・

    実はこの時にバスの向きが気になり反対にひっくり返し
    写真を撮るときに暴れられ20秒ぐらいもたもたしてたんです。

    その時の写真がこれです!!


    上と同じバスなんですが尾を開くのに足で抑えながら
    撮ったんですが・・・・
    アップで見ると・・・・

    口開け60センチ   口閉じお開き 60センチ無いですね!!

    同じバスなんですが・・・硬直するのか?怒って小さくなるのか?温度差か?

    (水温21℃ 外気温15℃)

    なぜかは解りませんが・・・縮むのは確かです。
    今まで縮むのは何回も経験しているんですが(知ってる人もいます)・・・・
    なぜかブログにアップする機会がなく今にいたりました。
    (今回も相方が載せた方がええと思うと言ってくれたんで)

    縮ま無いバスもいますが 写真はすぐに撮る方がいいですね(^-^)/




    バス釣り 実体験話<なるほど>!!part3

    ビックベイトを投げ続け14年(釣り歴19年)に なるんですが・・・・
    いままでにルアーを 失くした数は50個以上(ビックベイト)に なると思いますが・・・
    去年は1個 ここ5年間ぐらいは 年間1個のロスで(年50回釣行)ですんでいますね。
     
    もちろんラインチェックは 当たり前ですが・・・・
    釣行5回に 一回はラインを巻き替えています。
      そこで ラインブレークをして失くすケースが 一番なんです。
    私の経験上なんですが・・・ラインブレイクを 少なくするには チェック・巻き替えは 当然ですが
    結び目が 一番キズついているんで・・・
    私は 30分に一回は チェックして 結び変えています。(ラインにキズがなくても)

    魚が 釣れたら(ラインチェックは当たり前) 
    結び変えるんではなく チェックして 大丈夫な 場合はそのまま釣りを 続行しています。
    特に 重たいルアー(28グラム以上)を 使用する場合は スイベルが必要ですね。
    ルアーを投げて釣りをする動作の中で、 ルアーがクルクル回っているのは 皆さんご存じですか?
    結び目に 負担がかかっているんです・・・・そこで スイベルが 防止策で 必要になってきますね。
    以上の事を守って釣りをすると大切なルアーを失くすことが、激減する事は間違いありません。




    実体験 バス釣り話!! part2

    5年ほど前の話なんですが・・・店頭にて 顧客に 
    「ビックベイト(リップ付き) シンキング ロクマルハンター(SONIC SPEED オリジナルルアー)の使い方を 教えてあげますし・・・一緒に釣り行きますか?」
    N氏   是非 行きたいです。
    船頭  了解!!

    11月中ごろ 水温15℃ 風1m こんな状況だったと思います。
    開始 1投目にシンキングの使い方を 説明中に 40UPが釣れました。
    ルアーは ロクマルハンター(シルバー)でした。
    使い方は、沈めて ウィードに引っ掛けて リフト&ホール あとはスローに巻いて回収ですよ!!
    N氏  了解です。
    下物沖から雄琴沖に移動!!
    雄琴沖 3.5mあたりで 数投目に 船頭に 60upゲット ロクマルハンター(シルバー)で
    数投目に 船頭に  50upゲット ロクマルハンター(シルバー)で
    N氏には 同じ ロクマルハンター(レッド)を 投げてもらってたんですが・・・釣れず
    私が使用してる ロクマルハンター(シルバー)と(レッド)と チェンジ!!
    「あまりにも レッドが釣れないんで 私が 投げたラインを シルバーを投げてもらえますか?」
    N氏  了解!!
    答えはすぐに 出ました!!
    数投目に・・・N氏  50up ゲット!!
    船頭   まぁまぁ・・・
    数投目・・・ N氏  40up ゲット!!
    船頭   マジで? 動かし方は一緒ですね?
    N氏    教えてもらったとおり 沈めて ウィード切って リフト&ホールですよね。
    船頭   そやな・・・・?!

    その後・・・N氏  大爆釣 45〜49まで 60分間で 4本追加 
    船頭は 35ぐらいが1本のみ・・・

    この時に 色目でこれだけの釣果の違いがあるんが わかりました!!
    ・・・・・・なるほど〜!!!
     



    実体験 バス釣り話!! (琵琶湖・野池・瀬田川・宇治川などでの実体験)part1

                実体験 バス釣り話!!

    私が 琵琶湖・野池・瀬田川・宇治川などでの実体験した いい話を
    これからは少しずつ話していきます。
    皆さん ズル引きがなぜ釣れるか・・・・・・・知ってますか?

    15年ぐらい前に大津の山間部の野池にバス釣りに行った時に体験した話なんです・・・・
    ダウンショットで回遊するバスをサイトで 5匹ぐらい釣った時に
    おこった事なんですが・・・・スレてワームに食わなくなり・・・・
    場所かえよかな????
    あれ!!

    そうなんです!!
    解った方もいられると思いますが・・・
    シンカーに食ってくるんです!!
    良く見るとシンカーが,砂煙をあげながら逃げる小魚にバスは見えたと思います・・・
    すぐに・・・ジグヘッドに換え・・・ズル引きで10匹以上バスを釣って楽しい時間をすごしました!!

    みなさんも砂煙をあげるイメージでズル引きすると,もっと釣れると思いますよ!!





 ランキング応援
    お願いします
こちらをクリック↓↓↓


琵琶湖釣果情報


フィッシング・釣
フィッシング


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村



Bass Site Ranking

ネットショップ IN
スポーツ用品・アウトドア用品 釣具・フィッシング
ネットショップIN


釣り具屋ネット



釣りガイド




クリックで大画面↑↑↑